高年収のシステムエンジニアが独立する理由

システムエンジニアはトレンドのIT業界の最前線で働く貴重な人材であることから、若い世代に担われている割には年収が高いというメリットがあります。企業の規模や種類によっても傾向が異なるものの、平均して500万円から600万円程度の年収がある人が多く、年収を上げることを目標として技術を身につけて転職する人も後を絶ちません。

この高年収の裏側には競争の激しいIT業界で連日身を削りながら働いているという実情があるものの、体力や気力が充実した若いうちに大きな資産を築くことができるという点で魅力が大きな職業となっています。しかし、システムエンジニアとして働き続けるよりもさらに年収を上げられる道として、独立してフリーエンジニアになるというキャリアパスが望まれる傾向が強まってきています。

年収を上げるために仕事に対し忙しい毎日を送らざるを得なくなるという点では同じであるものの、仕事をした量と質に応じてより多くの報酬を手に入れられるようになることからIT系の企業に就職して働くよりも張り合いがあるというメリットがあるのです。結果的に、仕事の契約を多数とって成功させていくことにより1000万円を越える年収を得ているフリーエンジニアも散見されます。

概してシステムエンジニアとして企業に勤めている頃と同じかそれ以上の年収になっているのが一般的であり、独立することによって仕事への張り合いと高年収を同時に獲得できるのです。

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です