定年に独立の道があるシステムエンジニア

情報システム開発の仕事は、知識と経験によりこなすことができます。その能力さえ持っていれば、たとえ高齢になったとしても仕事を続けることは十分に可能です。しかし、会社でシステム開発に携わっている場合には、定年を迎えることで開発の仕事から退かなければなりません。

定年後もシステムエンジニアとしての仕事が続けたい場合には、独立して自らの手で仕事を継続させていく手段があります。長く情報技術開発の業界で仕事を続けていくうちに、システム開発に関わるクライアントや同業者の多くの人脈が形成されています。その人脈は、定年で独立してからも開発ビジネスを行う上で有利に役立ってくれる要素です。

人脈があれば、そこから仕事が得られるチャンスがあります。またさらには、かねてより仕事を通じて目をつけていた同業者をスカウトし、開発スタッフメンバーとして迎えることもできます。

自身が会社を立ち上げて経営するというのは、システムエンジニアの仕事以上に苦労はあります。しかし、その仕事により高い魅力を感じることができ、収入についても大きな額が期待できます。たとえ定年を迎えたとしても、エンジニアとして高い能力を持つ人たちは多く、その人材の能力を失うのは、情報技術業界にとっての大きな損失です。

定年後にもシステムエンジニアの人材の能力が活かされるよう、彼らの独立のバックアップを行う制度やサービスの開発が行われる必要があります。

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です